TOP > CATEGORY - 無料SEOツール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

SEOToolsで久しぶりにSEOアクセス解析をやってみました

久しぶりに、SEOTOOLSのSEOアクセス解析の診断を利用してみました。

以前はよく利用していたんですが、総合評価はずっとBだったんで
「Bなら、まぁいいか」なんて思ってたわけです。

seo

続きを読む

スポンサーサイト
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

グーグルの隠しリンク・隠しテキストとはどんなもの?定義は

グーグル先生から「あんたのサイトには隠しリンクおよび隠しテキストがあるから
1ケ月は検索エンジンから除外するわよ」
というペナルティ付きメールが来たと記事にしたのは先日ですが、一体どういうものが
グーグルでいう「隠しリンクおよび隠しテキスト」になるのか。

ということをチラホラ調べていたんですが、「えぇぇぇそんなのアリですか?」というものもあったので、掲載しちゃおうと。

アクセスカウンタへの隠しリンク


GOOGLEのAdam Lasnik氏がインタビューの中で
「アクセスカウンターに埋め込まれた隠しリンクはガイドライン違反である」
と発言したそうです。
無料のアクセス解析は指定されたコードのHTMLの中に貼りつけるのですが
そのタグの中にそのタグの中にの間にSEOのためのリンクやキーワードを埋め込んであるものがよくあります。このnoscriptタグに囲まれた隠しリンクを多くの利用者に張らせることでアクセス解析を配布している業者は強力なSEO効果を得ているわけです。

これね、、、「忍者」のアクセス解析はこういう形態なんですよね^^;
有料になると、この隠しリンク付きコードじゃなくなるんですが・・。

アクセス解析としては結構優秀なんですが、これが隠しリンク扱いになって
スパムというか、ペナルティを受けるのはショックが大きいので
忍者は使わないほうがいいかも・・・です。


Amazonのリンク


これがショックだったんですが、
私、とあるサイトにAmazonの商品を掲載しておりまして。
これもノンスクリプトでキーワード(結局、商品リンクなのでそこにキーワードが埋め込まれてしまう)が
埋め込まれている。

というわけで、これも隠しリンク・隠しテキスト扱いになるんですよね。
私が前回書いた記事での隠しリンクはここか?と思ったんですが
グーグル先生から指摘された記事URLにはそれはないんですよねぇ;;

5000円を超えたら、A8に切り替えようと思っていたんですが
隠しリンクになるんじゃなぁ、、、とA8に切り替えました^^;


一般的に言われる隠しリンク・隠しテキスト


これについては、本当に基本的なものですが・・・。

・白背景に白テキスト・・・背景色と同じ色でテキストリンクなどすると、見えないので隠し扱いになります。
・テキストを画像の背景に隠す
・フォントサイズを0に設定する
・CSS を使用して、高さが 1 ピクセル程度の非常に小さいハイパーリンクが作成されている
・リンクが小さな文字 (段落中のハイフンなど) に組み込まれている

といった感じです。

アドセンスの広告ユニットは1P3個までこれが罠


昨日、まったりアフィリさんの記事を紹介させていただいたのですが
そのまったりアフィリさんからの情報で、私もうっかりしてましたです。

アドセンスの広告ユニットは、1P3個までと決められています。
私も各記事のページは1P3個までの表示というのを守り
ヘッダー+記事2個という形にしていたんですが
カテゴリーを忘れていました;;

のでカテゴリーも1Pの記事表示を2に変更。

Fc2利用しているサイトはすべてこのように修正しないとです。(私のやり方だと)
これにサイドバーにも広告ユニットを入れている場合には、1P1記事
ということになります。

アドセンスは、承認を得るとき、10,000円を超えたとき、50,000円を超えたとき
などなど定期的に検査されているようですので
日頃から注意しておかないとならない、ということですね。

まったりアフィリさん、ありがとう!!


スパムチェッカープラス


それでも隠しリンクとか隠しテキストが不安;;
という方には無料のサービスを利用してみてください。

私のブログのサイドバーにある「無料アクセスアップツール」の会社
ECスタジオが提供している「スパムチェッカープラス」。
URLを入れると、隠しリンクや隠しテキスト、ほかにスパム行為を行っていないかどうかを
無料で調べることのできるツールです。

これ便利ですよ!
私も上記のAmazonの件を知ったのは、このツールを使ったからです。

自分のブログが不安な方はぜひ利用してみてください。

スパムチェッカープラス
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

YahooのTDPとSEOに悩む方は読んでみるといいかも。

だら奥に結構、悩み相談的なものでYahooのTDPというのがあります。

TDPというのは、Yahoo独特のものでして、TDP=トップページダウンペナルティ
といわれるものです。

誰がつけたのかわかりませんが、すごい命名だと思います、はい。

これは字のごとく、トップページが検索表示されなくなるものをいうのですが、
私はあんまり気にしていないほうではあるんですが、ちょっとは気にしたほうがいいのかなと
最近思うようになりまして・・・。

というのも、通常、どんなサイトでも、検索表示では、トップページではなく、その記事が
表示されることが多いですよね。

このTDPがサイト全体に影響を及ぼすのかどうか、はちょっと不明です。

なので、TDPはできうる限り回避はしたほうがよいでしょう。

ということで、あまり無料レポートは紹介しないのですが、とても良いというか
TDPに困っている方にはぜひ読んでいただけたら、と思って紹介したいと思います。

この無料レポに書いてあることは

・GoogleとYahooの違い
・最近のYahooの傾向
・Yahooに好かれるためにしたいこと
・TDPにあってしまったとき

ですが、特に読んでいたほうがいい部分は、やっぱり
最近のYahooの傾向とYahooに好かれるためにしたいこと

の部分です。

私がだら奥で書いていることも多々ありますが、もっと細かく書いてあります^^;

アフィリエイトをしていれば、やっぱりYahooに強いサイトが
欲しいのはみなさん同じですよね。

レポートに書いてある部分でちょっとだけ引用すると

無駄な発リンクは減らすこと。
Yahooは発リンクを嫌う傾向にある。
リンクがダメであるといっているのではなく
気をつけなければならないのは、Yahooはどこへリンクしているのかが非常に重要である。

ということで、私がこのところ「発リンク」と書いているのは、こういった部分をいいます。

年明け、サイトのリニューアルをした際に1ページ内の発リンクをかなり減らしました。
これはYahooに好かれるために行ったこともあります。

Yahooに強くなりたいという方はぜひ、読んでみてくださいね。


TDPがなくても、Yahooに強いサイトの育て方というのは知っておくといいはずです。



さらに、私は独自ドメインでのサイトは有料テンプレート「賢威」というテンプレを利用しているのですが
この賢威のテンプレートの作者さんの無料テンプレートがダウンロードできます^^

賢威はSEOテンプレートと命名されていますから、それぐらいSEOには強いテンプレートです。


⇒Yahoo!で検索上位に表示させる方法
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

FC2のSEO対策は利用していますか?

FC2ブログを利用しているのにも関わらず、盲点だわ、、、と思ったのが
「FC2のSEO対策」です。

FC2は結構、便利な無料SEOツールをサービス化しているので、利用されていない方は、利用してみましょう!

FC2 SEOリンク
FC2SEOはFC2IDを持っている方のみが利用できる無料ツール。
ログインして、コード作成を行うと、リンクコードが生成されます。
それをブログ・サイトに貼りつけるだけです。このコードはリンク形式になっているので
相互リンク+ランキングでアクセスアップに役立ちます。


 FC2 検索エンジンランキングチェッカー
Yahoo!、Google、LIVESearchでのキーワードの順位をまとめて調べるSEOツールです。

サイトURLと調べたいキーワードを入れて、自サイトの順位を調べることができるツール。
(私も利用してみましたが、調子が悪いときがあるっぽいです^^;)


FC2 キーワード出現率チェッカー

ページ内に含まれているキーワードをチェックし全体の何%含まれているかチェックするツール。5%前後がSEOに最適だと一般的に言われています。私のブログは、「ポイント」というキーワードが意外にも1位でした。
まぁ、TOPページのみだったんで、あれですが。
1位でも3.05%ということで、狙っているキーワードはさらに下でした。もう少し増やしてもいいかも・・・。


FC2 サイトマップ
SEO対策に必要なサイトマップを作成するツール。
グーグルにサイト登録などを行うときには必須です。

FC2キーワード
ワード登録型の無料辞書ツール。SEO対策に加え、サイト特長をとらえたキーワードが確定していれば、アクセスしてほしいユーザー層を堅実に増やします。
これ、ものすごくいいです。

この記事を紹介するにあたって、登録してみたんですが、自分が「このキーワードには強いよ」って言葉を自分のキーワードとして登録でき、かつ、自サイトをリンクさせることができるので、とてもよい宣伝ツールです。

だら奥のほうは「アフィリエイト」とか「お小遣い」とかになるので、このキーワードはライバル数も多そうですし、キーワードで辞書を調べる人というのは前提として「調べないとわからないこと」があります。
ので、私はアドセンス用のサイトのキーワードを入れてみようと思います。


FC2アクセス解析
無料で使える高機能なアクセス解析。都道府県解析やリンク先を解析する事も可能。SEO対策にも最適。

ビジネスリスティング
316の地域密着ポータルサイト + ヤフーカテゴリ登録約130サイトでPR。
審査制でしかも審査料が38,000円ということで、今のところは無縁です^^;

Yahooにも登録されていないのに!と思う私です、はい。

上記のような無料ツールは利用できるだけ利用するのが得です。

利用していないツールがあったら、利用してみてくださいね。

RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

相互リンクを探すなら相互リンカー

相互リンクを探すのは結構大変ですよね。
なぜ、みなさんがリンクを増やしたいのかといえば、それはやはりSEOの点が
大きいのではないかと思います。

検索エンジンはたくさんの良質なサイトからリンクが貼られているサイトを上位表示します。

だからこそ、リンクをみなさん増やしていくわけです。

だけど、相互リンクを探す時間もないし、、、という人も多いでしょう。

そんなときに役に立つのがリンク募集サイトです。

相互リンカーに登録すると、相互リンカーからリンクが貼られます。
(ちなみに相互リンカーのTOPページのPRは4です。)
これだけでも一件の良質なリンクですが、相互リンカーに登録をすると
相互リンク募集も増加し、相互リンクの相手サイトを探す手間が省くことができます。

HTML構築サイトだと、リンクを探してHTMLを修正するのもかなりの手間ですが
ブログであれば、プラグインにちょっとリンク先のURLとリンク先のサイトタイトルを
追加するだけですから、探す手間が省けて、リンクを貼るだけの作業になる
というのはとても楽チンです。

また、相互リンクが増えれば、SEOだけではなく、いろいろなサイトを訪問して
知らなかったことを知ることができたり、仲間が増えたりと
悪いことはないんですよね。

私もネタに詰まると、リンクしてくださっている方々のブログのコメント欄から
違う方のブログを見たり、いろいろ徘徊しています。

今まで相互リンクの相手を探すのが大変だった方にぜひお勧めです!

私も登録しています^^





追記

サイトのカラーを変更してみました。夏っぽい水色から
ちょっとシックな感じにしてみました。カラーコードはCSSで変更なので
ソースに大した変化もありませんから、検索エンジンにはとくに問題はないと思います。

カラー変えるだけでもサイトの雰囲気変わりますよね。
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

アクセスアップ&SEOに E-ページランク

ページランクの高いサイトからリンクをもらえるのはSEO的にも有効です。

でも、ページランクの高いサイトからリンクはなかなかもらえませんよね。

今日、紹介したいのは「E-ページランク」というサイトです。


E-ページランクに参加することのメリット


E-ページランクに参加されたサイトはE-ページランクで紹介させて頂きます。
E-ページランクはHTML表示のため、検索エンジン対策にも効果があります。
参加サイトごとに発行させて頂く、簡単なコードをあなたのホームページに貼り付けるだけで、ページランクを表示できます。
また、複数サイトの登録を、同じメールアドレスとパスワードで登録した場合は同時に管理することが可能です。

さらに、このE-ページランクの紹介をサイトでしたことをE-ページランクに報告をすると
更新記事にて、E-ページランクのトップページに紹介とリンクをさせてもらえます。

ちなみにE-ページランクのトップページのページランクは現在6ですから
紹介記事を書かない理由はありませんよね^^

というわけで、私も紹介記事を書かせていただきました。

サイドバーのページランクに表示してあるのが、E-ページランクのバナーになります。

登録はたった1分もかからない程度でできますので、やってみてくださいね^^

登録されると、10分前後で個別に紹介ページまでアップしてもらえます。
私のブログ紹介もこんな風にしてもらえました。


E-ページランクはこちらからどうぞ


*追記

この記事は昨日の深夜に書いてアップしたんですが、同時にE-ページランクにも
「紹介記事を書きました」と報告をしたら、そしたら、もう今朝の10時前にメールがきて
TOPページにて紹介させていただきました。
というメールをいただきました。↓
ご紹介いただいてありがとうございました。
E-ページランクトップページでもご紹介させていただきました。
今後ともE-ページランクをよろしくお願いいたします。


対応早い!です。こんなに早く対応していただけるとは・・・。

ということで、みなさんも登録してみてくださいね^^ページランク6のサイトからのリンクは
めったにいただけないですから^^
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

無料ホームページ診断アンフィニッシュトで診断してみました。

UNFINISHEDの無料ホームページ診断ツールは、URL等の必要事項を送信いただくだけで、
SEO対策/サイト運営/ユーザビリティの観点から御社ホームページをプログラムが
自動的に診断。
グラフを交えた分かりやすい診断結果をわずか10秒程度で表示いたします。

無料ということで診断してみました。
ディレクトリ登録などは、行っていないので割愛しますが
結果はこんな感じ。

・コーティング
サイトには既に十分なSEO対策が施されているようです。

・ランキング順位について
<Yahoo!>

既に20位以内に表示されているようです。現状でコンバージョン(成約などの目的達成)が低い場合、選定されているキーワードに需要が少ないか、サイト自体に何らかの問題がある可能性がございますので、キーワードやサイト構成の見直しを行われる事をお勧めいたします。

<Google>

既に20位以内に表示されているようです。現状でコンバージョン(成約などの目的達成)が低い場合、選定されているキーワードに需要が少ないか、サイト自体に何らかの問題がある可能性がございますので、キーワードやサイト構成の見直しを行われる事をお勧めいたします。

というような結果が出ました。

こういった結果はSEOTOOLSにも言えますが良い評価が出てもうれしいですし
良くない結果が出たとしてもヒントを得ることができるので
がんがん利用してほしいなぁと思います。

↓こちらのバナーから利用できます。無料登録が必要になりますが、
5分もあれば、サイト診断までできるので、ぜひやってみてくださいね^^


RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

SEOTOOLSで自サイトのSEOチェック

アクセス解析を見ていると、なぜか私のブログを検索してくださる方がいまして
グーグルで検索をかけているようなので、私もその検索結果を見てみました。

そしたらですね、SEOTOOLSでのリンクがあるので
なんで?と思ったわけです。

SEOTOOLSというのは、アドレスを入れると、自サイトのSEOチェックを行ってくれるサイトで
いろいろな分析結果を教えてくれるわけです。

インデックス数からわかることや、リンク数などで、改善点も教えてくれるサイトなので
私も以前よく使っていたのですが、だら奥のネットで副収入は、まだ利用したことがありませんでした。

SEOの部分でのランクも教えてくれるんです。
あくまでもSEO上なんですけどね。

で、私のこのだら奥のネットで副収入がなんと、ランクBのしかも5位ということで
SEOスコア上位の解析履歴一覧にリンクされていました。

7月27日のBランクの解析結果一覧

FC2のドメインが古いため、トラフィックに関しては、FC2の評価になります。
問題はリンク数とインデックス数になるようです。

インデックス数だと
グーグル、ヤフーともに
インデックス数は、比較的多いといえます。この規模のページ数になると、サイト内リンクが被リンクとして量的な力を持ち始めます。
また、これ以上ページ数を増やすのは、システム化されたサイトでなければ難しいでしょう。

例えば、来訪者のアクションにより、独自のコンテンツを有したページが自然発生的に増産されるようなサイトです。

ということを指摘されました。

リンク数はグーグルとヤフーでの認識数がかなり違います。
グーグルでは少ない、と言われ
ヤフーでは
大変多い被リンク数です。もしこれでアクセスアップに繋がっていないようであれば、被リンクサイトの質、リンクされているキーワードが問題と思われます。
よりページランクの高いサイトに、よりサイトのサービス内容に適したキーワードでリンクしてもらう必要があります。
[向上のために]サイト内に、他サイトで紹介されるような魅力的なコンテンツを置くことで、継続的に口コミリンクを増やす。

うーん。がんばらないとだめですねぇ。

総合評価は
アクセスアップに適したサイトです。すでに高い収益をあげている場合もあります。小手先だけのアクセスアップ処置では、これ以上のスコアは望めません。よりアクセスを伸ばす場合は、サービス・商材自体を社会に広く認知させていく必要があります。

といったことでした。

が、他のFc2ブログで自分のブログを入れてみてもBランクになるので
ドメイン力がかなり強いことがうかがえます。

問題は、、、

なぜ5位まで上がってたんだろう???

ということなのですよねぇ。

まぁ、これもひとつの強力なリンクになることは間違いはないので
ありがたいのですけど^^


SEOTOOLSに興味のある方は⇒SEOTOOLSこちらからどうぞ
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

ページランクの調べ方

このブログは4月の末ぐらいに作り始めたので、ページランクは0か1じゃないかと思っていたのですが、
思いのほか、1ケ月半ぐらいでページランク2になっていました☆
自分でも驚いたのですが、Googleのページランクは、他のブログサイトで紹介されている「アドガー」にも影響があるようですね。

なので、Googleページランクについて、ちょっと書いていきたいと思います。

ページランクとは


ページランクとはGoogle(グーグル)は独自のサイト評価方法として導入されているものです。

Googleページランクとは、大手の検索エンジンであるGoogleが独自の方法で、各サイト(ウェブページ)を数値で評価し、ランク付けしたもの、と考えてくださいね。

ページランクであらわされる数値は0から10まで。
数値が大きければ大きいほど、Googleの評価は高い、ということになります。

ページランクの評価は下記の通り。
  • Gooleページランク0のサイト : 評価なし

  • Gooleページランク1~3のサイト : 標準サイト

  • Gooleページランク4~6のサイト : 人気サイト

  • Gooleページランク7~9のサイト : ポータルサイト

  • Gooleページランク10のサイト : -

Googleページランク0のサイトは、オープンしたばかり、(つまり私が自分自身のブログを評価したような感じ)のサイトか、移転したばかり、といったサイトが当てはまるようです。

が、ページおよびサイトとして評価するに値しない場合にもGoogleページランクは「0」になります。


ページランクが3ぐらいまでは標準的なサイトと言ってよいでしょうね。
4から6になると、サイトの運営もある程度起動に乗り、ユーザーからの需要がある程度あるもの、とみなされているサイトです。
ページランク7~9のサイトはGoogle、Yahoo、MSN、Infoseek、gooなどがあげられる、いわゆるポータルサイトです。
ページランク10というサイトは、日本にはなんと1サイトしかありません。そこまではいけないでしょうけれどもね、、、個人では。法人でもいけるかわからないランクですね(笑)


ページランクの評価方法は被リンク


被リンクというのは「他のサイトからリンクされていること」をさします。
被リンクにも内容は大きく2つに分かれていて、

1つは「良質なサイトからリンクされていること」・多くのページからリンクされていることが大切になります。

良質なサイト、というのは、Googleページランクの高いサイトからリンクされていることです。
一番いいのは、Yahooカテゴリー登録で登録されることです。
が、Yahooカテゴリー登録はそんなに簡単にはされません、、、。
私も何度かチャレンジしてますが、まだされたことないです;;

ですから、そんなに簡単にはいかないので、相互リンクにてTOPページからリンクし合うことで
良質のリンクを確保する
ことですね。

被リンクの数が多ければ多いほどGoogleのページランクの評価は上がります

リンクの数を増やすためには相互リンクがもっともオススメです。

ページランクをあげるには、同系列サイトからリンクしてもらうこと


ページランクでいえば、まったく無関係のページからリンクされるよりも、同系列のカテゴリーサイトからリンクされたほうがよいです

これは、バラバラのカテゴリーをリンクするより、同系列ということは
Googleからも「このカテゴリーでも、このサイトはポピュラーである」「リンクしあい、情報を交換し合っている」というような点のようです。
Googleページランクが上がることによって、Google検索結果で上位表示されたり、一般ユーザの評価の基準となります。
ページランク上昇 ⇒ 検索結果で上位に表示 ⇒ アクセス数増加

ということなのです。とはいえ、私のアドセンスで稼いでいるサイト(先月500ドル稼いでくれたサイト)は一年半以上の運営でPR1にも関わらず、アクセスは毎日2000近いので、よくわからない、、、という部分も無きにしも非ずなのですが。

逆に被リンクにもっと力を入れれば、ページランクもあがって、アクセスはさらに増えるのかもしれません。


ページランクにとっての理想的なリンク


ページランクをあげるためだけで言えば
ページランクが自サイトよりも高いサイトからリンクをもらったほうがよく
ページランクが自サイトよりも低いサイトへのリンクは少ない方が良い

のですが、こんなこと言っていたら、リンクしてもらえないですよね。

ですから、同じカテゴリーサイトでの相互リンクを積極的にすることをお勧めします。

ただ、やみくもに一気にリンクが100とか増えると、スパム扱いされて検索圏外に飛ばされることがあるので、その点は注意しましょう。

また、TOPからのリンクは100以内にとどめましょう。
これは内部リンク(自サイトのメニューやパン屑リストなど)も含まれます。
理由はこちらの相互リンクについての記事に書いてありますが、TOPからの
リンクがやたら多いと、これまたスパム認定されることがあります。

ページランカーを使ってみましょう


じゃあ、ページランクはどうやれば調べられる?
という点ですが、ページランクをURLを入れるだけで調べられるサイトもありますが
自サイトにページランクが表示されるツールを使うのが一番手っ取り早いですし
リンクの際にも役立ちますから、オススメです。

私の左横メニューにあるツールですが、こちらの↓無料ツールを利用しています。

無料で使えるページランク表示サービス【ページランカー】



初めに登録が必要になりますが、IDとパスワード、メルアド、タイトル、URL程度ですので
設置に1分かかるかかからないかです。

相互リンクの際にも役立ちますし、自サイトのランクが一目でわかるので
オススメします。
   
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /
 | BLOG TOP | 

私も利用中!

ブックマーク

Yahoo!ブックマークに登録

検索フォーム

執筆しました!

GoogleAdSense グーグルアドセンスで<本気で稼ぐ>コレだけ!技 (得するコレだけ!技)

新品価格
¥1,974から
(2011/2/10 22:55時点)

私が執筆させていただきました!

ブログ情報


最新コメント

リンク

特集記事

最新記事

必見記事

アフィリエイト初心者講座

お小遣いサイトの作り方

お役立ちツール

つぃぃと

ケアプロスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。