TOP > CATEGORY - お小遣いサイトの作り方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

稼げるお小遣いサイトの作り方9.ユーザービリティを考える

ユーザービリティーって一体なんでしょう?

08



サイト運営をしていたら、知るべきユーザービリティ


Webユーザービリティーという言葉を知っていますか?

簡単にいうと、使いやすさ、使い勝手をいいます。
サイトの場合には、

「コンテンツ記事を読んだら、TOPページに戻れる」
「サイト内で迷子にしない」
「読みやすい」


そして一番は「何を扱っているのかを明確に提示している」ことです。

だから逆を考えて。

「迷子にならないようなサイト設計していますか?」
「読みづらくないですか?」
「ユーザーにストレスを与えるサイトにしていませんか?」

ってちょっと考えてみましょう。

TOPへの戻り方がわからない


Fc2ブログはほとんどの場合テンプレートに「TOPに戻る」とか入っていますから
わかりやすいほうではありますが、記事が終わった後にある場合が多いので
できれば、パン屑リストで記事コンテンツの上のほうにもいれましょう。

11

↑こういうのを「パン屑リスト」といいます。


サイトマップを配置する


FC2ブログはテンプレートによってはサイトマップが作成されているものもありますが
ないものもあります。

ない場合にはプラグインで「全記事表示」を入れてください。

サイトマップにはどんなカテゴリーがあって、どんな記事があるのかがすべてわかるようにします。
だら奥のサイトマップはココです。
12

「archives」はどのブログにも必ずあるページですから、自分はサイトマップないから
という方は一度、自分のブログのアーカイブを見てみてください。

http://ブログURL/archives.html
を入れれば見れるはずです。(Fc2限定)

記事タイトルは明確に!


記事タイトルを明確にしないと、ユーザーは目的があって訪問してきたのに
消化不良を起こしてしまい、もう二度と来ない!なんてことにもなりかねなくなってしまいます。

また記事タイトルはあまり長くてもNGですが、短すぎてもNG。
50文字程度がいいようですよ。


記事の中に、以前書いた内容を使う場合には元記事にリンクを貼る


これはユーザーが手間をかけて探さなくてもよいためと
手間をかけてまでして読んでくれるならいいですけど、読んでもらえないのもアレなので
きちんと元記事にリンクを貼るほうが親切です。

とくにお小遣い記事は、詳細記事などは必ず「詳細はこちらから」とリンクを貼るようにしましょう。

これはこれから私はやっていくつもりですが
お小遣い記事に紹介記事を書くときや最新の情報を書く際には
「今までの○○での収益金額一覧はこちら」というように得た収益をASPやポイントサイトごとに
一覧化すると、ユーザーに具体的なイメージを与えますから
登録者も増えると思われます。



っと、ここまで書いて自分のサイトマップを見たら、サイトマップを
Yahooブックマークにブックマークしてくださってる方がいた!
ありがとうございます^^

できれば関連記事表示も


関連記事表示があるとかなり便利です。これはユーザーにとっても便利です。

私はいろいろなサイトを見ますが、目的記事を読んだら付随した記事も必ず読むようにしています。

この運営者はどれだけ詳しいのか、どれだけ知識があるのか
を見るためにも、、、ですが、関連記事表示はユーザーに便利です。


本来のユーザービリティーはHTMLについても触れるのだとは思いますが
お小遣いサイトでよくあるパターンとして
「サイトがわかりづらい」
「何を言いたいのかわからない」
「とにかくオススメばかりで何がススメなのかわからん」

といった部分じゃないかと思いますので、自分視点ではなく客観視して自分のサイトを見つめなおすことが必要じゃないかなと思います。

スポンサーサイト
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

稼げるお小遣いサイトの作り方8.ヒートマップを利用する

人の視線ってWebサイトを見るとき、どのような動きをするか、知っていますか?
動きによって、稼げる金額が変わってくるかもしれません。


04



Webサイトを見るときの人の視線動向はFを描く


みなさんのブログをはじめて訪問してきた人の視線は、ほぼ「F」を描いて移動する。
ということご存じでしょうか?

ヒートマップは視線の移動、クリックされた箇所、どこにどれだけ視点が集中しているのか、がわかるツール。

代表的なFの視線移動のヒートマップは下記の図のとおりです。

05
画像の引用元はこちら

まず、サイトを訪れた人は左上上部に視線を置き、横に水平に移動します。
これがFの字の一番上のライン。

その後、また左に移動し水平移動します。
これがFの字の2本目の短い横のライン。
下に行くにしたがって、徐々になくなっていきます。

赤い部分が一番、読まれている部分で、黄色はその次。青にいくに従い、視点がなくなっていきます。

上部の画像を見ればわかると思いますが、サイトの全体の1/3ぐらいしか読まれていないこと、わかりますか?
クリック型のサイトの場合には、このFの視点を非常に利用し私は配置するようにしていますが、
だら奥の場合には「記事」に重点を置くようにしているので、Fの視点にはならないようです。


だら奥の場合


まず、だら奥のネットで副収入はマクロミル∔評判というキーワードで
グーグルで1年ぐらい1位を保っているのもあり、月平均20人は紹介登録してくださっているようなのですが
そのマクロミル∔評判でヒットされるページをヒートマップで見ると

06このように、記事部分全体の視点が集中していることがわかります。
真っ赤っかですね^^;

このヒートマップを見ると、訪問してきた方のほとんどは記事を最後まで読んでくださっていることがわかります。

ありがたいですね。本当に。

この「マクロミル∔評判」で1位検索される記事は一応こちらからです。記事ページにも関わらず、PR1ついています。

で、この記事では、マクロミルを利用することでのメリットや、稼ぎ方を細かく掲載しています。


この記事の一番下部分には関連記事が表示されるようになっているのですが、
関連記事に
「マクロミルでどれだけ稼ぐことができるのでしょうか」
という記事が表示されます。

この「マクロミル評判」の記事から、その「マクロミルでどれだけ稼ぐことができるのでしょうか」
の記事に移動している人が多くうかがえるのがヒートマップでもわかります。


関連記事の表示方法については⇒関連記事の表示方法


下記画像はその部分のヒートマップのキャプチャーです。
07

こうして、自分のサイトを解析してゆくことは非常に大切です。

「全然稼げない・・・」
「全然紹介者が増えない・・・」

と悩んでいる人はまずは、アクセス解析をチェックして、どのような検索ワードで
訪問者が訪れてくれているのかを知りましょう。

ヒットされたページがあるのに、全然そこから登録者が増えない。
という場合には、見直すことが必要です。

ヒートマップを利用すると、さらに、訪問者の興味がよくわかります。

アクセス解析とは別に、アクセスの多い順からヒートマップの一覧ができて
そのヒートマップを見ると、本当に、よくわかりますよ。


だら奥のヒートマップから見るアクセスの多いページは


1位トップページとマクロミル∔評判の記事ページ
2位ブログライターサイト比較一覧
3位収入報告ページ
4位マクロミルでの稼ぎ方

ときて、とてもうれしいのですが、サイトマップのページになるようです。

サイトマップを見てくれる、というのは

「このブログにはほかにどんな記事があるのだろう!」と思ってもらえた証拠ですよね。

記事ページで訪問者を逃さない


記事ページを見て「あまり大したことがない」「オススメ、オススメって何がオススメなのかよくわからない」
こういう不満をユーザーに残すと登録もしてもらえませんし
二度と訪問してもくれなくなってしまいます。

お小遣いサイトは、リピーターを取り込むことが命、ともいえます。

リピーターを取り込むということは、どんどんそのリピーターの方のためになる情報を提供することが重要です。

リピーターさんが読みきれないほど記事があるのであれば、更新頻度も週に2回ぐらいでもいいと思いますが
そうではない場合、とにかく、自分なりの記事をどんどん書くことが必要です。

そのときにかならず、訪問者さんにとって利益となる、有益となる情報を掲載してあげることを
忘れないようにしましょう^^


さて、上記で紹介した「UserHeat」は無料です。

登録して利用したい、という方はこちらからどうぞ^^⇒UserHeat
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

稼げるお小遣いサイトの作り方7.紹介報酬で稼ぐ方法

お小遣いサイトは山ほどあります。不景気になって、さらにお小遣いサイトの数は
さらに増えています。その数ある、お小遣いサイトの中から抜き出て稼いでいくためには、
どうしても「紹介報酬」「ダウン」が必要になります。

では、どうすれば抜き出て紹介報酬とダウンが増えるようになるのでしょう?

紹介報酬を増やす

よく見かけるお小遣いサイトのパターン


お小遣いサイトは現在、本当に多く、デザインもまた似たようなものが多いのが特徴ですよね。

例をあげると以下のようなお小遣いサイトが多いのではないでしょうか?

お小遣いサイト

1.左サイドバーにカテゴリーメニューがながーーくある。

2.TOPコンテンツには、げん玉、GetMoneyなどのポイントサイトや
ブログライターサイト、アンケートサイトのオススメTOP3が掲載してある。

3.カテゴリー以外のサイドバー部分はほかは、ほぼ広告で占められている

いかがでしょう?多くないですか?

このパターンがいけない、とは言いませんが、このようなパターンのお小遣いサイトだらけなんです。
つまり「個性がない」
というわけです。

ダウン、紹介者が増える記事の書き方


検索エンジンで検索して訪問してくるユーザーのほとんどは、記事ページから入ってきます。
ですから、それぞれの記事で勝負をかけるわけですが、記事に関しても
「どうして、そのサイトがオススメなのか」
「どのようにしたら、そのサイトでお小遣いが稼げるのか」をポイントがわかるように
伝えなければいけません。

例えば、アクセストレードレビューをオススメするのであれば
多くのお小遣いサイトでは
「毎月、すごい数のブログライターの依頼がきます!
コピペするだけで簡単ですし、コピペだけで稼げちゃうのでオススメなんです」
といった書き方では、まったくアピールできていません^^;

ここでアクトレをオススメするのであれば
・コピペだけで簡単というのであれば、コピペの方法を画像を入れて説明する
・すごい数の依頼が来るというのであれば、ここ半年とか数カ月いくつ依頼がきたのか
グラフ化したものを掲載する

といったアピールが勝負なのではないでしょうか。グラフ化


げん玉であれば、げん玉は確かに稼げるけれども、紹介者がないと
定期的に多く稼げるものではないですよね。
でも逆に、紹介者があればこれだけ稼げるという部分をアピールするといかがでしょう?

毎月の紹介者数の推移をグラフ化する、でもいいですよね。

このようなアピールの方法を画像を使って上手に紹介してみると、他のお小遣いサイトとは
違う切り口材料になります。

記事ページでうまく紹介記事を書くと、次にユーザーが行うことはなんだと思いますか?

他の記事を読むため、TOPページに移動する


そうです。
記事ページが充実していると、次にユーザーが行うことは、TOPページに移動することです。
(もちろん他のページに移動することも考えられますが)

例えば、上手に紹介していた記事のサイトに既に登録してしまっていた、として。
でも上手に紹介されているから、この運営者はほかにどんなサイトをすすめていて
どういう風に稼いでいるんだろう?
ということが気になりますよね。


するとTOPページに移動する機会、つまりアピールのチャンスが増えるわけです。

そのときに、他のお小遣いサイトと同じようなTOPだと
「なんだ、、、、これか、、、、」
と移動してしまうのでは?

稼いでいるっぽい人のサイトの真似をしても、そこから何かをつかみ
自分のものにしていかなければ、稼げるようになりません。

げん玉に登録してみたけど、どうなんだろう、どうやって紹介しているんだろう
という理由から検索して訪問してきた人があなたの記事を見て
そっか、こういうやり方すればいいのか。。。
他にも何か自分が登録してなくて稼げるところあるのかな?

こう思ってもらわないとなりません。


サイドバーに広告をずらっと並べるぐらいだったら
その広告の下に「○○(広告名のASPなど)で稼ぐ方法はこちらから」
と記事ページにリンクを貼るとか
「○○で○○円稼ぎました」とかアピールしてみましょう。

お小遣いサイトは、初心者にアピールすることが命


お小遣いサイトは、ネットでアフィリエイトをはじめて行う第一歩の代名詞のように
言われていますが、確かにそうなんですね。

ということはお小遣いサイトに訪問してくる方の中にはアフィリエイトをまだはじめたことがないという
方だけではなく、お小遣いサイトをはじめてみた!という人も多いわけです。

そういう初心者さんにアピールするには、初心者さんに稼ぎ方をレクチャーしてあげることが
リピーターになってくれる技であり、コツです。

訪問してきた人を逃さず、アピールを上手にすることを心がけましょう!

FC2ノウハウにも掲載されています
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

お小遣いサイトの作り方は、長い目長いスパンでみること

お小遣いサイトの運営。本当はアフィリエイト初心者さんにはオススメしません。

なぜならば、お小遣いサイト、というのは、アフィリエイトおよび、自宅でできるお小遣い稼ぎの
登竜門であり、それには運営者が「稼げている」という証がないと、なかなか売上などに結び付かないからです。

でも、お小遣いサイトには、多くのアフィリエイト初心者さんがチャレンジします。

きっと、毎日、100以上のお小遣いサイトが生まれているのではないかと私は思います。

その中で生き抜いていくには、初心者さんでは難しいかな、というのが私の持論です。

が、それでも初心者さんでも稼げるコツや方法はあります。


お小遣いサイト初心者さんが稼げるようになるためには


とにかく、実践することです。

最初の1カ月、2か月は稼げなくて当然ですから、まずはお小遣いサイトで毎月の収入をきちんと公開しているサイトを見て、稼げているASPやポイントサイト、アンケートサイトには必ず登録すること。

たくさんのサイトに登録しなくても、ポイントを押さえているサイトに登録することがコツです。

きちんと収入公開をしているサイトであれば、どのようにポイントやASPからの紹介報酬や
アンケートサイトで稼いでいるのか、を公開しているはずです。

その中から、自分で取捨選択すること。

そしてそれを実践してゆくことで、結果が表れてきます。

ですから、登録したところから、結果が表れるまでの課程をきちんと記事にしてゆくことで
訪問してきた方は、信用するようになります。

こういうことを繰り返し行ってゆくことで信用のあるサイトになります。

ですから、お小遣いサイトはすぐには成果は現れません。
この部分が初心者さんにはオススメできない理由です。

ただブログライターなどは、書けばすぐにお金にはなりますから
最初のころはブログライターに力を入れるのもコツだと思います。


お小遣いサイトに限らず、どんなアフィリエイトサイトでも作成して半年はやっぱり
辛抱になりますね^^;

そこでめげない人が継続して稼げていける人になるのだと思います。
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

稼げるお小遣いサイトの作り方.6 見やすいサイトを心がける

コメントでご質問をいただいたのですが、これは記事にしたほうがいいな
と思ったので、掲載します。

稼げるサイトの秘訣 見やすいサイトを心がける
ということ。

私の、このブログで言うと、文字の種類と、文字の大きさは結構こだわっています(笑)
あまり気がつかないと思うんで、言います(笑)

文字の種類は、デフォルテですと、なんかこう、固い感じになるので
MS UI Gothicという自体で設定しています。
ちょっと丸っこくて、この字体、個人的に大好きなんです。

ブログテンプレートでの指定は、スタイルシートを開き
上のほうに
bodyというものがあります。

このbodyというのは
ブログ全体を指定しますよって意味です。

ですので、ブログ全体の字体を設定する際には
body{
font-family :MS UI Gothic;}


と指定してあげます。

この括弧{}はスタイルシートで指定する中身の始まりと終わりには
必ずつけなければなりません。

文字の大きさは、私の場合は、サイドバーと、記事の中の文字の大きさ指定を変えています。

これはあくまでも、サイドバーと記事内容のメリハリをつけるためのものです。
私の使用しているテンプレートはFC2のテンプレート工房のスタンダードになりますが
Fc2のテンプレート工房さんの場合、スタイルシート内に
「エントリー記事」とか「プラグイン2」とか
場所指定をきちんと書いてありますので、そこを見ていじります。

私は文字を「em」で指定していますが「px」という表示もあります。
emとpxの違いですが、
emというのはブラウザによって文字の大きさは違うように表示される指定です。
ブラウザが本来持っているサイズの何倍という形で指定します

pxはブラウザ関係なく、文字の大きさを指定するタグになります。

ユーザーにとって親切なのは「em」です。

で、ちなみに、この記事は0.9em指定です。

0.9emと文字の大きさを指定するスタイルシートは、たとえば、ブログ全体の場合には

body{ font-size:0.9em; }


と指定します。

このように、文字の種類と大きさの設定をします。

この辺は、ユーザーの視点に立って、「見やすい」「見づらい」を判断してください。


よく見かける小さい小さい文字のブログ。
40代以降にはつらいと思います(笑)老眼が出てきますからね。
ターゲットの年齢はせめて50才代ぐらいまでは読んでもらいたい場合には
0.9emぐらいがいいんじゃないかと思います。


カラム数もターゲットによっては見づらいものと見やすいものがある


現在、ブログで使用されているレイアウトの種類を紹介します。

カラムといいますが、それぞれ、メリット・デメリットがありますが、そこについて考えてみましょう。

・1カラム型
ヘッダー
エントリー(記事)
フッター


昔はよく見たんですが、今は、情報商材系のブログに多いテンプレート
というイメージが強くなりました。

サイドバーがないため、記事数の多いブログ・コンテンツの多いブログは
訪問者がいちいち、トップに戻らないとならないため、操作性に問題ありかな、と。
サイドバーを検索エンジンが読んでくれることもありますので
もったいないかなという気はします。

フッターにブログのカテゴリー表示をさせることもできますけどね。
初心者さんには向かないかな、と思います。


・2カラム左サイドバー型
タイトル
サイドバー

エントリー(記事)





左側にサイドバーがあり、右側に記事があるタイプ。
サイドバーには最近のエントリーやカテゴリー、月別アーカイブやカレンダーなどに利用されています。

多くのブログの場合、サイドバーも自分で何を表示させるか、させないかを選択できます。

2カラムの場合のメリットは、どの記事、どのページに移動しても左側のメニューが
目に入るため、訪問者が「この記事を読みたい」と思ったら、すぐに見にいけることです。

ただし、メニューの項目が多くなると、気づかれづらい部分や下のほうのメニュー項目は
スクロールしなくてはならないため、操作性が低下してしまうことがあります。


・2カラム右サイドバー型
タイトル
エントリー(記事)



サイドバー



左側にエントリーがあり、右側にサイドバーがあるレイアウト。
上記の左サイドバー型とは反対のパターンですね。

右サイドバー型の方、結構、稼げているアフィリエイターさんに多いんですよね。
理由は、多分ですが、スクロールバーを頻繁に利用する方にとって、
マウスの移動が至近距離で済むからではないか、と私は思っています。

私は、左サイドバーにしていますが、これはソースを開いたときに
検索にかかってほしい言葉をメニューにしていいて、検索ロボットは上から順に読み
上にあるものほど重要度が高いと認知する、と聞いているためです。

本当は右サイドバーでもいいんですけどね。


・3カラム両サイドバー型
タイトル
サイドバー

エントリー
(記事)


サイドバー



多くのブログに見られるパターンですね。

カテゴリーやコンテンツが多く、記事もたくさんある場合において、とても有効なレイアウトです。
2カラムの場合にはメニュー項目が多くなってくると、どうしても
気がつかれにくい項目や下のほうにスクロールしないと読めない部分が生じますが、
3カラムの場合には、左右のサイドバーを利用できるため、
目立たせたい項目を左右の上のほうに配置することができます。

サイドバーも場所を広くとれますから、広告スペースを十分にとることができます。

デメリットとしては、どうしてもエントリー幅が狭くなってしまうため、フォントが小さくなってしまう傾向があります。


私は記事の文字数が多いので、3カラムだと、表現しにくい、という点。
そして記事の文字数が多いので3カラムだと、さらに文字だらけになってしまう
という点から2カラムにしています。


どれもメリットデメリットはありますから、自分のブログに合ったスタイルを選ぶことが必要です。


見やすさと、初心者っぽくさせたくない場合には

2カラムか、3カラムでも右側にサイドバーを2つつけるタイプのものが
よいと思います。


お小遣いブログはどうしても3カラムのタイプが多いので
他のサイトとは違うんだ、という主張をするにも2カラム、または3カラムでも
右側にサイドバー2つというタイプはいいかもしれません。


メニュー項目が多くなりすぎて、カテゴリーがすごいことになったら



私はそのとおり、メニュー項目が多くなりすぎ、カテゴリーがものすごく長くなってしまったので
ヘッダー下に横メニュー(グローバルメニューといいます)をいれ
サイドバーには、読んでもらいたい記事やカテゴリーを本来のカテゴリーとは
別にカテゴリー化して、サイドバーに入れました。

たくさん記事を書いている中で、どうしても読んでもらいたいとうものが
でてきます。

いや逆に出てこないと問題です^^;

そういう記事やカテゴリーを集めて、サイドバーに集中させるのも手ですし
ブログにはなかなかない、TOPページ(表紙のようなスタイル)を作るのも手です。

いずれにせよ、見やすいブログ、というのは
ユーザーが移動しやすい、何クリックもしなくても見たいページにたどり着ける
ということが必要です。


稼いでいる人のブログはなぜか青色系が多い


なぜか、ほんとに、稼いでいる人のブログは青色というか寒色系が多いです。

暖色系は、ファミレスなどにも使われていますが
癒される色だけど、長時間はいないようにと仕組まれている色と聞いたことがあります。

まぁこれは聞いたことがある、という程度ですが。


ただ、男性が訪問するときに、寒色系のほうがコメントつけやすかったり
見やすかったりするんじゃないかなって思ったんですね。

暖色系だと、ちょっと奥さんがいたら見づらいとかありそうな気が・・・。

青系というのはYahooもそうですよね。

会社の昼休みとかも、派手派手な色より寒色系のほうが見やすいかなと思ったこともあります。


私が心がけてるのは上記のとおり。

フォントの種類とサイズ。
カラム数。
見たい記事に最高で2クリックでいける程度。
サイトカラー。

といった感じです。


あぁ、、、長くなった^^;これ書くのに3時間かかりました;;
参考になると良いのですが。




RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

稼げるお小遣いサイトの作り方5.画像と色文字は適度に使う

稼げるお小遣いサイトの作り方5です。
記事の書き方・ASP紹介の仕方ときて、次はデザインです。

記事を書き始めると、あれもこれもと書きたくなりますが、文章だらけはNGです。
(これは自戒もこめてますが)
デザイン能力とかセンスなくても、画像を使えば、サイトが引き締まりますし
画像があると、人間はそこに目がいきがちです。

ネットで副収入


こんな感じの画像を使ってみたりすると、お小遣いとか、副収入とか
そういうものに付随しているサイトなのだ、ということのイメージが
ぐっとアップしますよね。


画像をうまく使っている方のサイトは本当に引き締まります。
私が上手に画像をいつも使っているなぁと思うのが
ネット内職で稼ぐ 安心安全お小遣い稼ぎを運営されている、びいこさんです。

TOPページには画像は小さくですが、各記事の説明にいくと、必ずといってよいほど
上部に画像が使われています。

私のこのブログは、meta descriptionが記事文頭100文字を引用するように設定しているため
画像は記事文頭には使わないようにしていますが、びいこさんのような記事の
作成方法は、訪問者がぐっと見てしまいますよね。


文章にやたらとカラーをつけるのもNG


よく見かけるのが、文字にカラーがやたらとついているものです。

なぜか、、、、初心者の方に多いんですよね^^;

あまり色文字を使いすぎてしまうと、ソースに余計なタグも増やしてしまいますし、
見た目も派手すぎてしまうこともありますが
焦点がぶれてしまいます。

ここぞ、というときに色文字は使うようにしましょう。


稼げてると思われる人ほど、色文字はあまり使っていません。



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

稼げるお小遣いサイトの作り方4.被リンクの力

被リンク、というのは、リンクを被る、つまりリンクをしてもらうことをいいます。

多くのアフィリエイターが行っている手法ですが、1つメインサイトを作ったら
そのために、被リンク用のサイトを5個作るのはもはや常識的な手法になっています。

が、お小遣いサイトは、その手法を使わなくても被リンクは
普通のアフィリエイトサイトよりも多分多いはずなんです。

本来は「一方的にページランクの高いサイトからリンクをもらえるのが一番良い」
とされていますが、そんなことは難しいですよね。

また、普通のサイトでもリンクって申し込むのも申し込まれるのも
月に何件かあるかないか、これが普通なんですが、お小遣いサイトの運営の場合
とにかく、リンクの申し込みが多く、リンクには事欠きません。

が、お小遣いサイトのこれまた宿命ですが、ページランクが低いことが多いんですね。

ページランクと相互リンクの関係


ページランクが9のサイトからリンクをもらうのと
ページランクが1のサイトからリンクをもらうのとでは、何が違うかというと
下記の表をご覧ください。

これはあくまでも指標ですから、この通りというわけでは一概に言えませんが・・・。

ランクランク3ランク4ランク5ランク6ランク7ランク8
PR15553,05516,80392,414508,2772,795,522
PR21015053,05516,80392,414508,277
PR318.51015053,05516,80392,414
PR43.518.51015053,05516,803
PR513.518.51015053,055
PR60.513.518.5101505
PR70.50.513.518.5101
PR80.50.50.513.518.5
PR90.50.50.50.513.5
PR100.50.50.50.50.51


この表の見方は、ページランク1のサイトから555件リンクをもらえると
リンクを受けたサイトはページランクが3になりますよ。ということです。

ページランク5のサイトから101件リンクされると、ページランクは6になります。
ということです。

これはあくまでも指標というか、大まかな数値ですので、必ずというわけではありません。

たとえリンクしてくれているサイトがページランク6だった、としても
ほかにも数百件外部リンクをそのサイトがしていれば、効果は薄くなっちゃうんですね。

逆もあります。
リンクしてくれているサイトのページランクが2だとしても、そのサイトが
あなたのサイトのみにしかリンクをしていなければ効果は高いとされます。

ですので、

あなたが、メインにしているお小遣いサイトがある、として。
ほかに副サイトとしてブログライターのサイトを運営していたら
メインサイトからは、そのお小遣いサイトへはリンクは貼らず
副サイトからリンクをしてもらう、つまり一方的なリンクのほうがよいのです。

ただし、何十個も副サイトを作って、一方的にメインサイトにだけリンクを貼ると
リンクファームとみなされる場合がありますから、注意してください。


つまり、被リンクというのはこういう力があるのです。

良質のサイトにはリンクは勝手についてくる


良質なサイトはどこかで誰かが必ず「ここに書いてあることいいよ」とか
「参考までにここから拝借しました」とかそういうリンクをされることが多くなります。

つまり、自然なリンクですね。

こういうリンクが増えると、自然に検索エンジンでも上位表示されるようになり
ますます自然なリンクが増えてゆくのです。

ですので、できるだけ、良質な記事を書いてゆきましょう。

良質な記事の書き方の秘訣


できるだけ口語体はやめること。

簡潔かつ、わかりやすく要点をおさえてかくこと。

初心者の人でもわかりやすい言葉を使うこと。

タイトルは長めに。

記事を書く際には、必ず、検索を一度かけてから。
どんな風に他の人が書いているのかを見てから書くと、非常にまとめやすくなります。

読んだ人が疑問を解消できるように考えて書くこと。

などなど。
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

稼げるお小遣いサイトの作り方3.登録済みのASPを紹介する紹介の仕方

稼げるお小遣いサイトというのは、どこにキャッシュポイントがあるか、といえば
「紹介報酬」ですよね。

ポイントサイト・アンケートサイト・ブログライターなども
できるだけ紹介報酬があるところを中心に紹介記事を書いてゆくとよいでしょう。

アフィリエイトASPの紹介記事を書くときの注意点


ただタイトルに
「A8.net」とか「トラフィックゲート」というようにするのはやめましょう。

さらに。
「知ってますか?A8ネットは稼げるんですよ」とか
「見つけちゃった☆今日のオススメはココ」という
抽象的な記事タイトルは絶対にNGです。

ブログランキングなどで、こういう記事タイトルをつけている方を良く見かけますが
いかにも「釣り」っぽいです。

そしていかにも釣りなタイトルには逆に信用度がマイナス作用になりますから
忠実で、かつシンプルでもわかりやすいタイトルを心がけましょう。


タイトルをつける前に、グーグルやYahooで紹介したいASP名を検索してみます。

たとえばトラフィックゲートの場合。
たままたですが(というか、今気がついた;;)
トラフィックゲートってグーグルで検索すると、250,000件しかありません。
これだと、トラフィックゲートというタイトルでもいいかなとは思いますが
関連検索ワードを見ると
トラフィックゲート 審査 トラフィックゲート 採用 トラフィックゲート 2ch トラフィックゲート iphone
トラフィックゲート 特徴
トラフィックゲート リクナビ トラフィックゲート 評判 トラフィックゲート 年収

とあります。

この中で、自分が書けそうかつ、ライバル件数の少ないものを選んでみます。

私の場合だと、トラフィックゲート+審査 トラフィックゲート+特徴 トラフィックゲート+評判
このあたりを選んで記事タイトルに絡ませます。

なぜこのようなことをするのか、というと、
稼げるお小遣いサイトの作り方1のブログタイトルや2で書いたブログの紹介文が絡まり
さらにカテゴリーを表示してあげることで、この記事タイトルがプラス作用となり
SEO的にとてもいいものになります。

ですので、記事タイトルは重要になります。

そして、書き出しも必ずASPの紹介だったら、ASP名から書き始めること。

例:記事タイトル「トラフィックゲートの審査方法・評判と特徴」

  紹介文「トラフィックゲートといえば、代表的なアフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)
といえるでしょう」

といった感じです。

どんな紹介記事でも同じことが言えます。

お小遣いサイトですから、この方法でブログライターASP、ポイントサイト、アンケートサイト
を紹介してゆくことを意識しましょう。

この方法が身につくと、他の物販サイトを作っても、こういうことがクセになるので
紹介記事も書きやすくなりますし、濃いアクセスをもたらすことができるようになりますよ。

また、FC2ブログの私のこのブログは
記事の書き出しが、ブログの紹介文である
<meta description>部分を記事の書き出し100文字程度になるように設定していますので
SEO的にもとてもよいものになります。

記事ごとにメタディスクリプションを変更するタグはこちらから



また、アフィリエイトサービスプロバイダを紹介できるほど登録していない、
アフィリエイトサービスプロバイダサイトがいくつあるんだろう?という方は
ASP比較一覧表 
をご覧ください。



アフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)の紹介記事を書いたら
一目で特徴がわかる表などを入れてあげると、訪問者にはわかりやすくなります。
テンプレートを作成しましたので、そちらを利用したいという方はどんどん利用してくださいね。

ASP紹介用テンプレート
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

稼げるお小遣いサイトの作り方2. ブログ紹介文とカテゴリーの分け方

ブログの紹介文というのは、FC2ブログでいえば、ブログを作成したときに
入れる、紹介の文章になります。

この紹介文は実は、FC2ブログの場合には、HTMLに反映されていることが多いんです。

今、FC2ブログを運営している方は、自分のサイトを開いて
ツールバーの「表示」⇒ページのソース(およびソース)を開いてみてください。

<meta name="description" content="

という部分があるはずです。

このcontent="以降の部分に、自分が書いたブログの紹介文が入っていると思います。

これをメタタグというのですが、検索エンジンで上位表示を目指すのであれば
このmeta descriptionはYahooは必ず、といってよいほど、読み込む部分ですので
必ず、指定してくださいね。

さて。どういう指定にすればいいでしょうか。

Yahooが読み込むのですから、ここは
ブログタイトル同様、お小遣いや副収入を稼ぐ方法をこのブログでは紹介しているんですよ
ということをここに入れてあげなくてはいけません。

ブログタイトルを

「主婦でも稼げる ネットでお小遣い」
というタイトルにした、としたら。

紹介文では
その1.「パソコンを使って、主婦の方でも安全に健全にお小遣いを稼ぐ方法をわかりやすく紹介しています」



その2.「ネットを利用して、主婦の方でも初心者でも安全に楽しくお小遣いを稼ぐ方法を掲載しています」

といった感じで作ってみましょう。


その1の紹介文には
「パソコン」+「主婦」+「安全」+「お小遣い」+「稼ぐ方法」
というキーワードがちりばめられており

その2の紹介文には
「ネット」+「主婦」+「初心者」+「お小遣い」+「稼ぐ方法」
というキーワードがちりばめられています。

これは、あくまでもきちんとブログタイトルを後押しする紹介文にしてあげてくださいね。



ブログのカテゴリーを決めてあげましょう


最初のうちに、ブログのカテゴリーは区分わけしておいたほうが
後々楽になります。

最初のうちに想定されるカテゴリーわけはしておきましょう。

カテゴリー名だけで検索ヒットということはあんまりないのですが
ブログタイトル+ブログ紹介文+カテゴリー名(サイドバーなどに表示させている場合)
には、Yahooからは検索されることがあります。

私はカテゴリーが多すぎたので、ブログのタイトル画像下部分に横メニューにしてしまっていますが
ここ以外のブログでは、すべて左サイドバーおよび右サイドバーの一番上にカテゴリーは表示しています。

Fc2の場合には、プラグインを使わなくても親子カテゴリーを使うことができますから
ポイントサイトで稼ぐを親カテゴリーにして
主なポイントサイト名を子カテゴリー
主ではないポイントサイトはオススメのポイントサイトとかにして
同じく子カテゴリーといった感じにしておきます。


アンケートサイトもブログライターサイトも
ASPも同じような感じでカテゴリーを作ると、そんなに長くはならないと思います。

それと大切なのは

自分が実践しているサイトをきちんと紹介してあげること。

ですから、そんなに多くのポイントサイト、アンケートサイト、ASP、ブログライターではなくてもいいと思います。

私は時間がないこともあってポイントサイトは
げん玉・ECナビ・ゲットマネーぐらいしか、今は利用していません・・・。


これらのものは、すべて登録したら、記事内にて
比較一覧表のようなものを作成してあげてください。

一覧表は、訪れる方にとって、かなり重要なデータですし
登録してもらえる決め手になります。

自分なりの方法で、ユーザーが求めている視点から一覧表を作ってみましょう。

一覧表のテンプレも後日、掲載したいと思います。

また、紹介カテゴリー以外では
・お小遣いサイトの安全度
・収入実績
などがあるとよいでしょう。


FC2ブログの親子カテゴリーの指定方法


分からない方のために、一応・・・。

環境設定⇒カテゴリの編集で、親となるカテゴリーの下に子カテゴリーを入れてあげます。

親子カテゴリー編集方法


このようにやっていけばOKです。

RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

お小遣いサイトの作り方 その1.ブログタイトルはものすごく重要

このところ、いろいろな質問をいただくのですが、
稼げるお小遣いサイトの作り方を書いていなかったなぁ、、、と思い
今日から、講座形式で書いていきたいと思います。

私のやり方で作れば、多分月に1万円は必ず稼げると思います。
いやに自信たっぷりでやなやつねって思ったら×しちゃってください^^;

信じてくださる方は読んで1から作成していただければ。。。と思います。

まずは無料ブログの作り方なのですが。

レンタルブログはFC2かSeesaaを借りる


なぜ、FC2かSeesaa限定なのか、から説明しますね。

検索エンジンからの検索では、結構「Fc2」とか「Seesaa」
と限定して、検索してくる方もいます。

たとえば
「fC2 ブログ 収入」
とか、そんな感じですね。

fc2もseesaaも、無料ブログでは有名なこともあり、ユーザーも数多くいるので
こういった検索の仕方をする方もいるのではないかと思います。

すると、fc2もseesaaもブログのURL部分(アドレス)に

fc2とかseesaaと入るため、検索にかかります。

他にもサブドメイン形式だから、さらによいのですが、これは専門的用語になるので
詳細は
無料ブログを選ぶときの注意こちらを参考にしてください。



検索エンジンからの訪問、というのは、

たまたま書いていたことが
たまたまヒットする


というのでは、稼ぐことに結び付きません。

あえてヒットさせるために、記事タイトルやブログタイトルを決定するのが
SEO、というものです。

お小遣いサイトの作り方の1ですので、まだSEOはわからなくてよいのですが
ここでは、とりあえず、Fc2かSeesaaでブログを借りてください。

ただ、私が指南できるのはFC2ブログ限定になってしまうので
「こいつの記事を1から読んで稼いでみたい」
と思う方はFC2ブログをレンタルしてくだされば・・・と思います。

登録は下記バナーからすぐに登録できます。










ブログタイトルを決めよう


ブログタイトルはものすごくものすごーーーく重要ですから
ここはいろいろ考えなければなりません。

間違っても

「いちごのお小遣い日記」

とか

「初心者●●のお小遣いちょうだい」

とか

初心者っぽいのは×です。

私のブログ記事「初心者とアピールしないこと」でも書いていますが、

お小遣いサイト、というのは、お小遣いを稼ぐためのサイトであり
お小遣いを稼いだことをおしゃべりみたいに書くサイトではない
んですね。

いや、もちろんおしゃべりみたいに
「今日は●●というサイトを紹介したいと思います」
という切り口は構わないのですが、初心者ということをアピールして
メリットは何らない、ということはわかりますか?

なんで???と思う方は上記「初心者とアピールしないこと」を読んでくださいね^^;


では、ブログタイトルはどのように決めればよいでしょうか。


自分がお小遣いサイトをはじめたきっかけはどんなサイトを見て作りたいと
思いましたか?

そのとき、検索エンジンで探した、としたら
どんな言葉で検索しましたか?

検索するときに

上記のタイトル例で言うと

「いちご お小遣い 日記」

とは絶対に検索しませんよね。

ネット+お小遣い+稼ぎ方

とか

ネット+副収入+方法

とかそんな感じではありませんか?

そうしたら、その3つ程度のキーワードはブログタイトルに入れましょう。

ブログタイトル、いろいろ考えてみてくださいね。

次の章では
ブログの紹介文と、ブログのカテゴリーの作り方について、説明します。

RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /
 | BLOG TOP | 

私も利用中!

ブックマーク

Yahoo!ブックマークに登録

検索フォーム

執筆しました!

GoogleAdSense グーグルアドセンスで<本気で稼ぐ>コレだけ!技 (得するコレだけ!技)

新品価格
¥1,974から
(2011/2/10 22:55時点)

私が執筆させていただきました!

ブログ情報


最新コメント

リンク

特集記事

最新記事

必見記事

アフィリエイト初心者講座

お小遣いサイトの作り方

お役立ちツール

つぃぃと

ケアプロスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。